<< July 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

まだぼんやりとしか見えないけど

ゲーフラ部のタナカ氏が作り上げた見事な「壽」ゲーフラに感動して風で腕をプルプルさせながら、選手アップ中のコールに参加してみたり試合前の空気を楽しんでいた長崎です

けど集合写真を撮ってるときから、何か手ごたえがなくて(いつもより3倍近くの枚数とってました)
壽が目の前で運ばれたり(東秀と二人。全試合出てたのに・・・)
失点の前あたりから「人数さえ減らなければ大丈夫」と思っていたら人数減ってしまったり
ボール押し込むゴールの位置が逆だったり、色々ありすぎて試合後のミーティングがやけに長かったり、いつもはパラパラと帰る選手がまとまっていたり

ちょっとずつ見えていた光景が違いました
それが「チームとして軸がぶれている」のか「みんながやり取りをしようとしつつある」なのかピッチを見ているしか出来ない自分には分かりません
シーズン終わって振りかえる頃には少しは分かるかもしれませんが

でも、真っ黒な闇が広がっている風には見えないんですけどね
足元は確かにぬかるんでいたけど、流れ出した水が適切な量に変わるのは少し時間がかかるのかな?
勝利したときに彼らがどんな表情を見せるか
それをイメージトレーニングはしています

それにしても田尾君は、高崎戦に出れないのろいでもかかっているんでしょうか
ポイポイ流行らせるチャンスだったのになー
上に戻る
 
MIOびわこ滋賀 | permalink | comments (2) | trackbacks (0)