<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

サポと涙と男と女

タイトルにはあんまり意味ないです
まずは業務的連絡
選手紹介PV。ニコ動にもアップしました


youtubeと何が違うかというと高画質なところらしい
ニコ動ゆえコメントが出来るので、お好きな選手への愛をコメントいただけるとなんとなく嬉しいです

今年の1月の初蹴りから12/24のセレクションまで
10月からは仕事の都合上練習見学まで手が回らなかったけれど、6,7割くらいはMIOを見れたんじゃないかな
地域リーグ時代は、2006年10月から2007年12月までサポーター不在といわれた時代をひっそりとシャッター押しながらやり過ごし、2008年度は念願の声出しがいるスタンドを見上げてシャッターを押してた
やってること変わんないんですけどね
今年やったことがサポートであれば、去年やってきたことからして、自分はサポーターとはみてもらえないのか
とても小さいことのようで、ポジションが定まらないとどうにも戦術理解にも進めないよなーと1年通じて今も悩んで、多分来年も悩む
やっているのはシャッターを押す係りなので、代わりはいるはず
けど、苦労したかといわれると、スタッフでもないから責任あることやってるわけじゃないし、苦労なんて高々しれてる
コア・プロセスを確立するどころか、反対に家内制手工業でしか活動できず広がりも作れなかった
ブランドレゾナンスを確立したかったのにボランティアの名の下に無料に逃げてしまったのも大反省
AIDEESでいうと、Attention(注意)Interest(興味)まではだいぶアプローチできたかなと感じなくもないけど、Desire(欲求)Experience(購入・体験)に関しては、購入まで至らず体験の人が多い気がする
最終的にはEnthusiasm(心酔)Share(推奨)をもっと増やさないといけない。
けれども、不況の大波は確実にレジャー産業を鎮めようとしている
ある程度リーグの地位が確立できているJリーグならともかくJFLは元々露出がすくなくて、マスメディアに関しては特殊な情勢下に置かれている関西に位置する滋賀としては、京都新聞さんだけに頼るのは大変なので自分たちでももっと発信していけたら・・・というか発信できなければ立ち位置は変わらないわけで。


あー、こんだけ真面目に仕事に取り込めば係長くらいはなれたのかなー
上に戻る
 
雑記 | permalink | comments (0) | trackbacks (0)

この記事に対するコメント

コメントする

  






上に戻る