<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2011年シーズン〜はじまる波〜

ぼちぼちと全員分完成
プレースタイルとか語れるほど今年は練習試合も、練習も見てないのでした。色々サボっててすいません
それでも今週末、沖縄で集合ですよー
14.伊藤和也
気がつかなくても、3年目。新加入時のアイドルスマイルは健在。むしろパワーアップした感。
勝利試合後のインタビューでコメントを撮ると必ず、「おつかれさまです」がつく。キュンキュンしないはずがない
ピッチでのプレイも相変わらずきゅんきゅんさせてくれる。東近江を沸かせたドリブルのキレは徐々に高まっている。楽しみだーホント

15.鑓田志郎
15_鎗田 志郎選手
名は体を現すとはまさにこの事かなーと思ったヘディングでのクリア。サァーッとかスゥーッとかまさに下から突き刺すようにボールをクリアする高さとか。まだそんなにプレイするところを見ていないのでこれからが楽しみ

16.三輪敦規
16_三輪 敦規選手
セレクションではじめて観たとき、「滋賀すげー」といわずにいられなかった。無名の高校で、こんな子がいるのかと。こんな選手がもっと強さを手に入れられる環境にMIOがなったらどんなに素晴らしいことかと。多分酒なしで3時間くらい語れます
ボランチやサイドどこにはいってもポジション取りと読みが上手い。気がついたら居てほしいところにちゃんと居る。気がついたら目に入る選手。

17.尾上勇也
えー、この人の契約更新発表があった時に「今年も何とかなる!」と思えました。自分だけじゃないはずだ。
「年取って90分持たない」と苦笑いを去年から何度か浮かべていたけど、いやーそんだけ動いて90分もったらすごいよという運動量は相変わらず。今季もMVP第一候補

18.中村真人
18_中村 真人選手
新体制発表で「ポジションはFWとDFです」とさらりと言ってた。
練習試合でDF入っていた時も確かに「えっ?あれだれ?新加入?」と思うことあるくらいスムーズでした。
18番でちっちゃい枠ではない人は初めてですかね。

19.菅原康太
19_菅原 康太選手
個人的にはヴィッセル→しまなみの土井康平に似てるかもと思っていたら、前村さん的には、ルビがふられた台本が必要な頃のケインコスギらしい。
しっかり者の空気で、お兄ちゃん!って感じですかね。
練習後のシュート練習で、ダイレクトで受けたボールを左足でシュート!という軌道が美しくそして速い弾道だったなぁ。はやくシャッター切りたい

20.松本圭介
20_松本 圭介選手
黙ってても、喋っても、プレーしても賢そうな選手。
彼はボランチですね、うん。サイドに入った試合もあったけど。
試合の流れの中ではバランサーというかなんとなく地味目なプレー。でも欠かせない歯車の選手だと思う。でも彼のFKとかみてると単純に守備の選手ではないだな!と。まだ数回しか見れてないのが悔しくてコレからが楽しみ

21.永冨裕尚
セレクションの手伝いにて、主審をしていた時センターサークルから出なかった。絶妙に円の中に居て笛を吹いていた。でも流れには影響はなくちゃんと見えてるんだなぁ。さすがキーパー
彼にとっての2010年はどうだったんだろうと考えると、アウェーの琉球戦を思い出してしまう。試合時間のこともあって帰りの飛行機が一緒になったんですが、シートベルトのサインが消えた時に、立ち上がってトイレのほうに向かっていた苦しい表情が、どうにも・・・
今年は笑顔を多くみたいです、えぇ男前の笑顔。

22.北井太陽
22_北井 太陽選手
撮影した自分が言うのもなんだが、歌っているみたいだ、この画像・・・
前所属で結構早くに公開されていたけど、なかなか見れなくて非現実ゴールキーパーじゃないかと思ったり思わなかったり。
そんなわけであんまり回数的には見れていないけど、キックがキレイな印象。
大学時代には関西選抜に選ばれていた実績もあるし、期待の一人

23.西川裕太
23_西川 裕太選手
スーツとジャージとユニフォーム姿しか見ていないけど、着てるもので体型が変わるような気がする。おかげでまだあれ誰だっけ?と思うときもしばしば
初めてみた時にはCBに入っていたのかな?対戦相手が後輩ということを差し引いても安定感で練習生から見事契約に。
阪南大クラブから這い上がってきた強さは、環境のよくないMIOでは有利か

24.森下和成
24_森下 和成選手
ヴィッセルユースはそこそこ見たことあるはずなんだけど、雰囲気が独特だなぁ。あれですか?平成生まれだからですか?
合流が遅かったので、まだそれほどプレーはみていない。
セレクションの時ある意味年齢詐称を感じさせるプレーをしていたのが印象的。セレクションでも色々ポジション変更をしてもスムーズにいいところをアピールできていた感覚
ちなみに彼は自宅から通っていたけれど、キャプテンなので寮飯を食べれてたそうです・・・うらやま・・・

26.秦賢二
26_秦 賢二選手
練習試合に出るようになったのは19日の東海北信越選抜との試合から。
この前の佐川との試合をゴール裏から見ていて、スタンドで見たくなった。
王様とかキングというか君主という響きがしっくりくるのかな?まだ周囲と合わないところがあるけれども、なんとかなりそうな気がする。
ちなみにキャプテンは中学生以来らしい。ある意味意外だったなぁ

27.加藤友介
27_加藤 友介選手
「あの選手いいですよね、欲しいなぁ」と珍しくニコニコとした顔で和田監督が言っていたのは去年の秋ごろあった奈良クラブとのTMでのこと
控え選手もいないくらいギリギリの人数で開始となったので、奈良クラブから選手を借りてキックオフ
するするとドリブルやなんか楽しげなボールタッチは車飛ばして奈良まで来た甲斐があったなぁと思わせてくる無名の選手。
関西リーグ2部にもこんなレベルの選手が居るのかーとも思いつつその時は登録期限も過ぎていたので、笑っているだけでしかなかった。
「カトウ」という名前と、「司の一つ上」「ユース?」という情報は入手していたけど、まさかウラカンに居た彼とは・・・

眉目秀麗という言葉が似合うけれども、するどい爪で切り裂く突破の方が心惹かれる

あと、意外と?漫才キャラですかね。
佐川とのTMで準備係になった菅原とのやり取り
加藤「次、どうしましょう。班長」
菅原「リーダーって呼べよ」
加藤「わかりました、班長」
こんな感じ。準備、後片付けやりきったのはこの二人だけでしたー

29.阪本晃司
今年のインカレ決勝で、関大OBの方々から「阪本はどうしてる!?元気か!あいつは大学時代もっとうまかった!」と力説されて、まだ契約状況見えてなかったので、あまりの愛されっぷりに泣きそうでした
柔らかい筋肉してるんですかね、ずっと怪我に泣かされてしまうイメージ
柔らかいキックでキレイな弧のシュート
調子よすぎると乗って、決めるまでの形に拘りすぎてるところが見えないでもないけれど、セットプレーはキッカーでも中で待つのも居るといないとじゃ全然楽しみが違う
調子が上がって今年こそ頭から!と思っていたのに、またちょっと離脱の模様。すこしでも早くよくなりますように!

30.畑尚行
チームで一番面白い選手。彼を越えるのはそういない。
それはおそらく誰しもが認めるところ。
いやですがね、我々はサッカーしている君が一番カッコいいと思うわけであって!そしてカッコいいプレーして、ヒーローインタビューでどっと沸かせて欲しいわけですよ!滑るのはインタビューだけでいいです・・・というのをちょっと思わなくもないような。
出来る選手なのに、妙に残念感を自ら背負っているような。
係長っぽい雰囲気をシーズン終わったら脱してくれてるとよいなぁ

和田治雄監督
和田 治雄監督
3シーズン目になると、慣れてきたというか、ないものは仕方ない
少しでも出来るならやる。出来ないのではなくやらない、それを少しずつ無くして、やれる事を増やしていく。それが更に色濃く見える今シーズン。
試合中の審判への抗議は見ていてハラハラするけど、試合後の「がんばったのは選手ですから」という言葉が持つ空気。そしてキーパー練習で見せた意外と鋭いシュート。
うん、サッカーの指導者なので驚くことでもないんですが、シュートがキレイで見惚れてしまったので、練習見学に行かねばと思っているしだいです
上に戻る
 
MIOびわこ滋賀 | permalink | comments (0) | trackbacks (0)

この記事に対するコメント

コメントする

  






上に戻る