<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

MIOの練習見学

出張の車の助手席から。忘れないうちに覚書をしておこうと。
野村の基本、走る
今回もたぶん12周走(数えてないからわからない)
ダントツトップは田中剛
大輔のほうの田中も先週に比べてたらあがってたけど、まだまだ
荒井は相変わらずこつこつと後ろから。気がついたらスピードアップ。
2位は一人逆走の波夛野。タナゴウは半周くらい差をつけてましたが
怪我に悩まされている桝田も参加。しかし「陸上部並み」ともいわれる所は見られず、本人も落ち込んでる?限界は作らないでほしいが、無理もしないでほしい。
あと、村瀬が何気に合流してました。

走った後はフリータイム。鳥かごするグループ、筋トレとしてそれぞれで腹筋、背筋のトレーニングのネタを出して実行するグループとか

一番印象に残ったのは監督のボトル運び競争の時の大江
 │ ◎│ │
真ん中のラインに水の入ったボトルが5本。
それをそれぞれ指定されたラインまで運んでいく競争。・・・図解してもうまく説明できてないですね
木島と大江が指定されてましたが、大江が余裕で勝利
上半身の筋肉を鍛えるのが監督の狙いの模様だけど、気になったのがボトルをとるまたは置くときの足音の違い
移動はダッシュだけれど、そのままのスピードではボトルを取れないし置けないわけで、おのずとブレーキがかかる
木島の足音はあからさまに急ブレーキのかかる音だけど、大江の足音に「ザザッ」というようなノイズは聞こえない
リズムが独特でいまだにきちんと写真に収めることの出来ない大江のドリブルを支えるのは緩急のつけ方が自然だからというのを改めて認識。これが聞けただけでも野村行ってよかったと思う。

内林とアランのスピード対決もあった
アランの途中からの伸び方も脅威だが、内林の「あと5キロ絞れば」というやる気の言葉も脅威
自分の超初心者向けデジカメでは、彼らの魅力がお伝えしきれないと感じた

今週の練習は多分もう行けないし、TMも非公開と遠方ということで見れないけれど開幕までにどれだけ連携が高められるか楽しみです
上に戻る
 
MIOびわこ滋賀 > 練習 | permalink | comments (0) | trackbacks (0)

この記事に対するコメント

コメントする

  






上に戻る