<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

下部リーグは時代の移り変わりが激しすぎるのか

出かける準備をしようかという時に、宅急便。楽天からのお届けものが届きました。
注文していたのは宇都宮氏の股旅フットボールほとんど、雑誌媒体で読んでいる記事なので正直驚きもなく
むしろ、「あっあの写真がないのは、まだレンタルの子だから?」とか大人の事情をかんぐるいやな人間です


宇都宮氏の記事のMIOの記事を読んでいて、感じるのが宇都宮氏の切り口は「戸塚監督」であったり、フロントであったりすること
ソニー仙台戦、流通経済大戦ともにJ'sサッカーの記者が来ていたけど、そこで必ず話題に出るのが、浦島の名前だけど、一切出ていないような
それがいいのか、悪いのかわかりませんけどね
戸塚監督の「がんばったのは、選手ですから」と言う言葉を聞いているので、松本山雅を沈めたカウンターは2発とも内林だったと言うことは残してほしかった(贅沢)
あと、関東にMIOが行ったときは、戦術とかの件に関してプロの視点で書いてほしいな
東秀と壽がサイドバックで守備に専念しているのは、監督の指示なのかそれとも彼らの意識なのか(素人なんで聞けない)とかさ
去年の天皇杯があるので、栃木戦での記事を期待してるけど、Jがあるからなぁ


地域決勝に関しては、まだ1年もたってないはずなのに、それ以上の年月を感じる
地域リーグは関西だけでも流れが変わりつつある
それをもっと多くの媒体にて残してほしいけど、金がないから難しいだろうな
バンディオンセに関しては、加古川に行ったことによりローカル色が強まりCATVやFMで取り上げられるようになったのはありがたいことです(が、ローカルすぎて見れない)


予告めいた覚書
・関西リーグ開幕戦レポ
・流通経済大学戦レポ

今ここに書くつもりがあるものはこの2本です
でもアウェーレポも溜めているのでぎりぎりですかね
写真整理もまだ一切出来てません
スケジュール調整が出来てないななぁ
上に戻る
 
国内サッカー > 地域リーグ | permalink | comments (0) | trackbacks (0)

この記事に対するコメント

コメントする

  






上に戻る