<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

関西リーグ開幕戦

えーと書いてたのが消えたので、やる気をなくしてます。
そんなわけでさくっと「無駄にレベルの高い」リーグの開幕戦についての感想を
公式の記録なんぞは、いつのまにか立派にリニューアルされてた関西リーグ公式サイトでの確認をお願いします

・・・しかし、このリニューアル去年していてほしかったな
4/12の関西リーグ戦の開幕は、近所まで来たこともあり日岡山のバンディオンセ加古川対ディアブロッサ高田FCへ
たどり着いた周辺は、最後の花見シーズンと言うこともあり、人と車にあふれていたが多くの人がそこでサッカーの大会をやっていると言うことに気づいていないようであった。さすがに、ピッチ周辺のスタンドは一部出場選手のロッカー代わりになっているとはいえ、サポーターやスクール関係者で埋められていたが・・・。
開幕戦と言うこともあり、加古川市長も訪れての始球式が行われたり、地元FM局の中継(現地観戦しながらの視聴はタイムラグゆえに歯がゆさもあったが)、試合後はスポンサー看板の前でのインタービューなど、今までになく地域密着振りをみせてくた
だが、しかし肝心の試合内容に関しては、個人的にバンディオンセが非常に心配になる出来であった。
スコアさえ見れば、3-0と圧勝に思える。だが、紐解いてみれば前半26分にPKで得点後、次は後半86分のセットプレーでの得点まで記録されていない。3点目に関しては、2-0でゴールを奪うしかなかった高田が前がかりに来たところでの得点。
シュート数は高田が5本に比べて、バンディオンセは20本。倍以上の数である
昨年、熊谷での光景(動けないピッチの選手、何もすることが出来ないスタンド中段のメンバー外の選手、悲鳴に近いコールを叫ぶスタンド上段のサポーター)を見ている人間としては「君たちは何を目指しているのか」とつぶやきたくなる試合だった

確かに関西リーグは、無駄にレベルが高いと称した。だが、バンディオンセのチーム作りは高田に比べてはるかに恵まれたものだ(JFLにあがったMIOよりもいいのではないかと思っている)
今年は地域決勝へ関西は2枠あるため、ほとんどの人間が1つはバンディオンセのものだと思っている
だからこそ、今の時点で他の関西リーグ所属のチームはもとより、他の地域のチームの3歩くらい先を行ったチーム作りが出来るのではないのかと部外者だから考えている
エースの西村は開幕戦もベンチスタートであった。石垣島での地域決勝もベストメンバーが組めない可能性があることを身をもってしっているはずだ。半分以上の選手が入れ替わったとしても、少なくともフロントのトップはそれを新加入の選手たちに染み込ませる努力は必要だと思う(やってるだろうけど)

対照的に負けはしたものの高田の選手たちは、MIOとのTMでもみせた、「チームの戦術に対して個々でやるべきことをやりきる」というのをしっかり見せており、第三者が見ても楽しい試合になったと思うし、彼ら自身も自信をつけたのであろう。試合後の表情は実に明るいものであった。バンディオンセとの対戦となれば思わず顔が曇った昨年のMIOとはえらい違いである
2部からの昇格組とはいえ、高田の気持ちがぶれなければ、上位との対戦は決して「ジャイアントキリング」とは言えないであろうと、すっかり関係者と物好きしかいなくなったスタンドで2部の三菱重工神戸対履正社の試合を見ながら思う

関西リーグは2部と言えども「なんでここで監督をしているのだろう」と思わせるような人がそこにいたりする。試合内容も決して玉蹴りではない。
Jを目指すと言う目標もいいが、「生涯スポーツ」としてサッカーを真剣に楽しんでいる人たちを見るのもなかなか楽しいものである。
だが、残念なことに試合内容がよくとも、それを行う設備はとてもほめられたものではないことが多い。
日岡山もスタンドの前には通路があり、見やすいとは言いがたい。それにシャワールームはおろかロッカーもないため選手は外で着替え、汗はトイレの洗面所で軽く流すのが限界だ。
また万博多目的などは観戦という視点はまったく考えられていない。「とりあえず、ピッチさえあればいいでしょ?」という考えで作られたんじゃないかとしか思えない状態である。比較的ましなビックレイクもスタンド付は人工芝で、天然芝はゆるやかであまり高さもない。また両方とも屋根はない。
スポーツ興行として、サッカーが弱いのはメディアの問題だけではないと思う。もし仮にガンバ大阪のホームスタジアムがホムスタであればもう少し状況が変わったのではないだろうか

高校年代まではクラブユースではガンバ大阪、高校では野洲など全国レベルのチームが引っ張っている
また高田にもようやくユースが出来た。このニュースに関しては、レベルの下がったと言われる奈良県サッカーの歴史を変えるためには高田の1部昇格よりも大事な部分ではないかと思う
彼らがもう少し大人になったとき、そのプレーが見れる場所がもう少し華やかなものであればと願わずにはいられない
上に戻る
 
国内サッカー > 地域リーグ | permalink | comments (0) | trackbacks (0)

この記事に対するコメント

コメントする

  






上に戻る